© IEKEIEI All rights reserved.

20206/14

考えさせる指導をする

「彼は言ったことしかしない」「もう少し気を利かせて仕事をすればいいのに…」と悩んでいる人が多いのでではないかと思います。
実は「言ったことしかしない」「気が利かない」部下をつくっているのはあなたなのです。
部下に仕事を頼む時、あれこれ細かいことを言ったり、簡単に説明したりするだけで頼んでいませんか。
あれこれ細かいことを言うと、何も考えずに言われたことだけしかしなくなります。
また、簡単に説明しただけであれば、目的もそのポイントもわからず、不満が先立ち目的やポイントを考えようとしません。
例えば営業先に持参する資料の作成を依頼するときは、目的と作成ポイントだけ言って、あとは考えさせながら作成させることです。
作成した資料が一回では的を射たものができませんが、ポイントを教えながら何回か作り直させることが育成指導なのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

プラス思考の行動は成果を出す

ページ上部へ戻る