© IEKEIEI All rights reserved.

20203/8

自分の時計を持つ

10人いれば10人の顔があります。
「要領がいい人」「ポイントを押さえて早くできる人」「逆に、じっくり考えてしかできない人」など十人十色です。
要領のいい人に会わせようとムリをして、一所懸命にやっても追いつかず悩む人もいるでしょうが、ムリせず、自分の時計を持ち、その時計の速さでやっていくことです。
この自分の時計の速さでやっていくことは、決して「マイペースで」といったことではなく、「自分の能力に見合ってやる」という意味です。
人は、いくら背伸びをしても長続きしません。
ですから、ムリしてやると三日坊主に終わってしまいます。
自分の時計の速さでやることは、三日坊主に終わらずやり続けるということなのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

成果を上げられる人と上げられない人の差

視線を15度上げる

身近な雑事がこなせる

世の中は不平等にできている

努力が嫌いな人もいる

ページ上部へ戻る