© IEKEIEI All rights reserved.

20201/12

大火事にして根本原因をなくす

仕事をしていて失敗をすると、それをわからないように手直しをして、うやむやにしてしまうことがあります。
特に、自分たちで手直しでがきるものは、ほとんどのミスが顕在化しないのが現状ではないでしょうか。
ですから、根本原因がなくならず、何かのきっかけで不適合として顕在化しています。
これは、失敗した根本の根本の原因をなくす取組みをせずに、失敗した人を責めるため失敗が潜在化することが大きな要因と思われます。
そのため、人を責めるのではなく、小さな失敗でも、「これは大変だ」と「大火事」にして顕在化し、そして、なぜ失敗をしたかの根本の原因をなくす取組みを行うことです。
ポカミスなど人に起因する要素が多いですが、それでも何らかの原因や仕組みが機能していなくて、ポカミスが発生することが多いです。
「どのようなことでも大火事にして顕在化する」そして、「根本を見直す」ことがトラブルをなくすことにつながります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理職がしてはならない10項目

メモを取らせる

3つの「お」を徹底させる

親切を当たり前と思わない

決めたことは守らせる

ページ上部へ戻る