© IEKEIEI All rights reserved.

201910/22

「承認欲求」がやる気の原動力

誰でも、周りから認められたい、注目されたい、といった欲求を持っています。
その欲求を「承認欲求」と言い、それがやる気の原動力になっているのです。
「自分のことを理解してもらっていない」と言った不満があればやる気はなくなります。
また、「自分が受け入れてもらっていない」といった不満があれば、やはりやる気をなくします。
この認められたいといった欲求は、誰かの役に立ちたいといった気持ちとセットになったいることが多く、そのため、認められることは、一所懸命に働く原動力になるのです。
「何かの行動をする」と言うことは、その行動を誰かに認めてほしいことでもあり、その行動に対して、「よくやっている」とか、「ありがとう」と言った、「承認の言葉」があれば、それが原動力となるのです。
ですから、誰もが「承認欲求」持っていることを理解する事が大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

プラス思考の行動は成果を出す

ページ上部へ戻る