© IEKEIEI All rights reserved.

20195/19

殿様型リーダーシップを考える

殿様型リーダーシップとは、意思決定をする時や相談された時、まず「君はどう思う?」と聞き、それから「ではそれでやってくれ」と、自分の意志を先に言うのではなく、相手の考えを聞いてから、相手に任せるやり方を言います。
これは、一見相手の意見を尊重したやり方に見えますが、別の見方をすれば、自分の考えを示すのではなく、トップダウンとは言えないやり方と言えます。
「自分がこう思う」と思っていることを皆に伝えようとしても、なかなか皆に伝わらないことが多いです。
まして、「どう思う?」と相手のやり方を聞いて、「ではやってくれ」と言ったことは、こちらの思いと言ってきた人の思いとが違うことが多く、うまく伝わらないことが多く統率がとりにくいです。
環境の変化が少ない時は、「殿様型」でいいのでしょうが、環境が著しく変化している時は、「殿様型」では、変化に対応できない時が多いでしょう

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目を合わせる

相手に会わせて話す速度を変える

皇帝型リーダーシップを考える

中身重視型に気をつける

外観重視型を取り入れる

ページ上部へ戻る