© IEKEIEI All rights reserved.

201812/2

覚えることは繰り返すこと

人間は歳と共に記憶力が低下していきます。この記憶力が低下すると、決断力も低下していきます。

それは、何か決断しようとしたとき、「あれどうだったかな・・?」と、データや傾向を思い出せずにすぐに決断できなくなるからです。

やはり、仕事をする上で記憶力は大切なことです。

この記憶力を持続させるには、大切なことを何回も繰り返し、頭に焼き付けることです。

例えば、大切なデータや傾向分析などを覚えるときは、何回か読みながらメモを取ればいいのです。

繰り返しメモを取ることにより、頭にインプットされて覚えてしまいます。

パット見て「わかった」は、わかったつもりなのです。決して記憶になっていないことを理解することです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天の邪鬼(あまのじゃく)になる

成功体験を捨てる

Why型思考に転換する

What型思考に注意する

反復は研究の母なり

ページ上部へ戻る