© IEKEIEI All rights reserved.

20214/4

自由は責任を伴う

上司に「自由にやってくれ」と言われて仕事を任されることがあります。
その「自由にやってくれ」を真に受け、自分でスケジュールを立てて自分のペースで仕事をしていると、「いつまでかかっているのだ」と苦情を言われます。
「自由にやってくれ」は、期限の責任、結果の責任などがあり、期限も結果も自由という意味ではありません。
「自由」は、やり方や進め方などの一部で、全てが自由ということではないのです。
そして、やり方や進め方などを任されれば、それだけ結果責任も問われることになります。
ですから、「自由」の意味合いをよく理解し、「自由は責任を伴う」とをを肝に銘じて仕事をすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

何もかもやろうとすれば中途半端になる

部下の不振感発言に注意する

スタートする前に議論する

応用で何とかなると思わない

片足を別の世界に置く

ページ上部へ戻る