© IEKEIEI All rights reserved.

202312/23

今年の目標達成のまとめは昨年と比較をしない

今年も押し迫ってきて、今年度の目標達成のまとめをしている人もあるでしょう。
そのまとめする場合、前年の実績に対して105%だったといったまとめをする人がいます。
そのように、前年度に対しての比較ではなく、今年度の目標に対する比較をすることが求めらます。
会社は、春の昇給をするにも賞与額を決めるのも、「今年度これぐらいの利益が出るだろう」といった目標を基本に損益計算予測をしています。
ですから、昨年度より105%良くなっていても、目標が110%であれば、会社の計画が狂ってきます。
一所懸命に頑張っていることを強調したい気持ちがあるでしょうが、目標達成のまとめは一所懸命に頑張っている評価とは別であり、目標に対する評価をすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

情報の取捨選択をする

アナログ発想を転換させる

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

ページ上部へ戻る