© IEKEIEI All rights reserved.

20207/6

評価されて当たり前と思わない

一所懸命に仕事をしていれば、「一所懸命にをしているから当然それなりの評価をされて当たり前」と思う人が多いでしょう。
「一所懸命に仕事をしている」ことと「評価」は別物です。
いい評価されるためには、いい成果(アウトプット)を出さなければダメです。
いくら夜遅くまで仕事をしたり休みに出て仕事をしても、アウトプットがなければ評価はゼロと思うことです。
ですから、一所懸命にしている仕事で成果が見えない仕事は、手段や角度を変えて取り組む必要があります。
それをせずに、いつまでも同じことを続けることは、「ムダなことをしている」だけで、決して評価につながることはありません。
そのため、自分がしている仕事の「アウトプットは何か」を考えて仕事をすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

決めたことは守らせる

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

ページ上部へ戻る