© IEKEIEI All rights reserved.

20206/21

求める人材像を描く

自分の仕事を部下に移譲しようとしても、部下が移譲しようとした仕事ができなければ移譲しようがないです。
そのため、「移譲できないから自分がするしかない」と思うのではなく、時間がかかっても部下に移譲できるように育成することです。
人に教えることは、教えるポイントや仕事の再確認をする機会でもあり、それが自分を教え上手にしてくれます。
また、教えるためには、忍耐も知識も必要ですが、教えることによりそれらも身についてきます。
つまり、教えた数だけ自分が成長することになります。
部下に教えるには、部下にどのようになってほしいかを描くことが大切であり、そのためには、自分の部署でどのような人材が必要かを描くことです。
それは、部下をどのような人材にするかを描きながら教える必要があり、その手段として、自分が移譲しようとしている仕事を通して教えながら、求める人材になるように教育することができるからです。
自分の部署でどのような人材が必要かを描いた人材育成は重要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

評価されて当たり前と思わない

コミュニケーションの取り方を考える

考えさせる指導をする

決めたことを守れる職場を作る

柔軟性と謙虚さを持つ

ページ上部へ戻る