© IEKEIEI All rights reserved.

20205/31

柔軟性と謙虚さを持つ

仕事をする場合、何らかのルールに従ってやっていく必要があります。
しかし、このルールは、何らかの目的があって決められたものです。
例えば、「使ったものを元に戻す」といったルールは、「誰もがその場所に行けば決められたものがあり使える」といった目的で決められています。
しかし、このルールを「何が何でも守らせる」と、よく使うものもその都度元に戻すようにすれば、何回も行き来が発生し、いつの間にか守れなくなってしまいます。
従って、「よく使うものは、よく使うところに置く」といったように柔軟性を持たせ、誰もが守りやすいようにすることも大切です。
また、自分の行動についても柔軟性を持つことも大切です。
例えば自分を前面に出すのではなく、柔軟性をもって相手に合わせると共に、謙虚に相手の意見を受け入れる事が、自分を活かすことにつながっていきます。
水のように、丸い形に入れば丸に、四角の容器に入れば四角になり、高いところから低いところに流れるように謙虚さを持つことが大切です。
水がなければ生きていけないように、柔軟性と謙虚さを持つことが、自分が必要な存在につながっていくと考えますが・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

評価されて当たり前と思わない

コミュニケーションの取り方を考える

求める人材像を描く

考えさせる指導をする

決めたことを守れる職場を作る

ページ上部へ戻る