© IEKEIEI All rights reserved.

20205/4

良い関係がいい仕事につながる

私たちがする仕事は、作業標準通りにしたりルールに基づいてしたりすれば、いい仕事ができるとは限りません。
作業標準やルールは、手順や決めごとを示しているだけで、仕事の目的を考えたまとめ方までは書いていません。
従って、手順や決めごとに、必要な情報の提供を受けたり、必要な資料の提供を受けたりして、縦や横の人たちとのいい関係があってこそいい仕事ができるのです。
人間は感情の動物ですから、「なぜ、こんな奴に協力しなければならないんだ」と思えば、情報の提供や手助けが限られた範囲になります。
ですから、いい関係ができなければ、いい仕事に結びつくことは難しいと言えます。
いい仕事をするためには、自分だけで仕事をしているとは思わず、周りに協力していい関係を築くことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

プラス思考の行動は成果を出す

ページ上部へ戻る