© IEKEIEI All rights reserved.

20204/26

不都合なことを押しつけない

よく不都合なことや自分が不得手なことを、うまく言って人に押しつける人がいます。
特に、先輩や上位者が、下の者に色々なことを言って押しつけることが多いです。
自分の不都合なことや不得手なことは、相手にとっても不都合であり不得手なことが多いことがあり、相手に押しつける人は自分中心に考え、相手に対する思いやりが欠けているのでしょう。
思いやりが欠けたやり方は、その時は自分にとって都合がいいように思いますが、必ずそれ以上の不都合となって自分に返ってくるものです。
逆に、相手を思いやり、自分が不都合なことを引き受けると、そのことは相手にもわかり、何らかの形で返ってきます。
ですから、その場逃れの判断をして、不都合なことを押しつけるなどの思いやりに欠けた行動は慎むことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理職がしてはならない10項目

メモを取らせる

3つの「お」を徹底させる

親切を当たり前と思わない

決めたことは守らせる

ページ上部へ戻る