© IEKEIEI All rights reserved.

201910/13

ユーモア力をつける

アメリカ人は、ユーモアを交えて話し、人を引きつけようとしますが、日本人は、ユーモアが下手と言われています。
ユーモアを言えるようになるのは難しいですが、ユーモアを言うためには、話の内容と相手の理解度、そして、適切な言葉を考えられることでもあり、状況の判断力と多くの知識が必要になります。
従って、ユーモアを言えるようになるには、色々なことを知っておかなければ言えないのですし、柔軟な発想も必要です。
ですから、ユーモアが言える人は、発想力も豊かな人が多いのです。
頭の柔軟性や発想力のを磨くために、ユーモアを活用してみるのもいいのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分のやり方を検証する

管理能力より本質をつかむ能力を磨く

「承認欲求」がやる気の原動力

将来の希望を失わない

苦手なものが多いほど能力がある

ページ上部へ戻る