© IEKEIEI All rights reserved.

20199/1

当たり前のことが当たり前にできるようにする

上履きに履き替える会社で、靴を揃えるいる人はどれだけいるでしょうか。
また、トイレのスリッパはきっちり揃っているでしょうか。
そして、机から離れるとき、椅子を中に入れている人はどれだけいるでしょうか。
このような簡単なことができるようにするのが「しつけ」です。
ですから、「靴を揃える」「椅子を中に入れる」などの当たり前のことができていない職場は、しつけができていない職場といえます。
そのしつけができていない職場は、間違い多くまとまりのない職場といえるでしょう。
当たり前のことが当たり前にできる職場作りは、「靴を揃える」「椅子を中に入れる」などの当たり前のことができるようにすることからはじめるといいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分のやり方を検証する

管理能力より本質をつかむ能力を磨く

「承認欲求」がやる気の原動力

ユーモア力をつける

将来の希望を失わない

ページ上部へ戻る