© IEKEIEI All rights reserved.

20197/14

メモ帳はポケットサイズにする

ノートをメモ帳にし、会議や打ち合わせの時に内容を記入している人が多いです。
会議や打ち合わせの時のように机があり、落ち着いて書ける場合であればノートでもいいでしょうが、立ち話や現場で話しているときにメモしたい場合は、ノートがポケットに入らずに常時持っていないためにメモをしない人も多いです。
メモを取るときに大切なことは、サッと出して書けることです。
このサッと出すためには、ポケットに入るサイズにすることが重要です。
「いつでも直ぐにポケットから出して素早く記入する」ことがメモの条件なのです。
ですから、メモ帳のサイズはポケットに入るサイズにすることが適していると言えるでしょう。
一度メモ帳のサイズと長所短所を見直してはどうでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

頼み方で一つでやる気が違う

目的と手段を考えた仕事をする

できないことよりできることを考える

仕事の目的を確認する

評価されて当たり前と思わない

ページ上部へ戻る