© IEKEIEI All rights reserved.

20196/9

相手に会わせて話す速度を変える

色々な人と話していると、理解の早い人となかなか理解ができない人がいます。
その場合、同じスピードで話すのではなく、理解の早い人には早く、理解ができない人には遅く話すことが大切です。
話している内容を理解してほしいのは話す側で、聞く側は、話している内容が理解できなければ、目的にあった行動ができないだけで困ることはなく、目的を果たせない話す側が困るだけです。
ですから、話すことを理解してもらおうと思えば、相手により話すスピードを変え、より理解しやすくする必要があります。
また、複数の人と話すときは、解釈ができない人に合わせたスピードで話すことです。
それは、理解できない人が色々問題を起こすため、理解ができない人が、理解しやすいように話す必要があるからです。
知っている人が知らない人に分かりやすく話すように、相手の理解度に合わせて話す速度を変えることも必要なのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

頼み方で一つでやる気が違う

目的と手段を考えた仕事をする

できないことよりできることを考える

仕事の目的を確認する

評価されて当たり前と思わない

ページ上部へ戻る