© IEKEIEI All rights reserved.

20187/15

ムダな仕事はしない

仕事をしていると、何の目的でやっているかわからない仕事があります。
また、活用されていない資料を作っていることもあります。
これらの仕事は、「いるときがあるかもしれない」と思うと、なかなか止めることができません。
ですから、その仕事をする都度、「やめてもいいかもしれない」と思いながら続けています。
このような目的が曖昧な仕事や活用されていない仕事をするのはムダなことで、きっぱり止めることです。
そして、仮に必要になれば、その時作ればいいのです。
仮に、必要になり作ろうと思い作りかけて資料がなければ、「資料がないためできません」と言えば、何とか代用の資料で間に合うものです。
なぜなら、重要な仕事は必ずやっているため、参考資料がないだけになるはずです。
従って、あまり重要でない仕事が資料がなくても、大きな問題にはならないのです。
毎日忙しくバタバタしているため、ムダな仕事はきっぱり止めて、楽して仕事ができるようにすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

子供の感性を見習う

基礎教育を徹底する

自分のやり方を検証する

管理能力より本質をつかむ能力を磨く

「承認欲求」がやる気の原動力

ページ上部へ戻る