© IEKEIEI All rights reserved.

20238/26

仕事のポイントは人により違う

人に仕事を教えるとき、作業標準やポイント集を作成することが多いです。
しかし、その作業標準がポイント集は誰でもが参考になるように作成します。
それは、皆に理解させようとするためしかたがないことですが、ボールペンの握り方が人それぞれあるように、作業のポイントも人それぞれ違います。
そのため、一所懸命に作った作業標準やポイント集は、結果として棚にしまったままになっていることが多いです。
せっかく作った作業標準やポイント集を活用するためには、作成した作業標準やポイント集を教えようとする作業者に渡し、教えながら作業者自身がポイントと思ったところやわからないところに、自分に自分がわかる言葉で付記してもらうようにします。
そうすることで、作成した基本に対して、自分なりのポイントを記入した自分のための作業標準やポイント集ができます。
ですから、作成した作業標準やポイント集を見せるだけではなく、その人に自分のポイントを記入させ、人によるポイントの違いを補完できるようにすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

情報の取捨選択をする

アナログ発想を転換させる

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

ページ上部へ戻る