© IEKEIEI All rights reserved.

20201/5

問題点が見えなくなると活力がなくなる

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

色々な書類を探しながら仕事をしていても、探すムダに気がつかない人がいます。
その探すムダに気がつかない人は、往々にして何事にも積極的でない人が多いです。
それは、問題点を問題として感じなければ、何の疑問も抱かずに仕事をするため、活力がなくなることが要因と思われます。
ですから、提案も疑問もなく、ただ仕事をしているだけになるのです。
「何かおかしい」とか「何のためにこんなことをしているのか」といった疑問を抱くから提案ができ、提案をしてよくしよう、と思うから活力が出てくるのです。
何事も肯定的にとらえるのではなく、疑問を持ちながら仕事を行い、問題点を抽出することが、自分を活性化することになります。
何事も当たり前に思えたり問題点が見いだせなくなると、それは危険信号が灯ったことになります。
当り前に流されずに活性化させた1年にしたいものです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

大火事にして根本原因をなくす

弱点の強化より強みを伸ばす

論より実行力を大切にする

子供の感性を見習う

基礎教育を徹底する

ページ上部へ戻る