© IEKEIEI All rights reserved.

20196/30

同じことを2回説明する

一度説明したことが理解されず、「あれだけ言ったのに・・」とがっくりすることがあるでしょう。
説明を聞いた人は、一度では理解しきれず、そのため、自分の印象に残ったことに対して、それを自分なりの解釈で進めることが大半です。
ですから、いくら丁寧に説明しても理解されないことが多いのです。
「あれだけ言ったのに…」をなくすためには、「人に説明するときは、同じことを2回話す」ことです。
2回聞くことにより、1度目は、自分なりに理解する。
そして2回目は、その時の理解不足を補う。ことになります。
従って、2回説明を聞いて初めて言われたことが展開できるようになるのです。
「あれだけ言ったのに・・」とがっくりすることがないように、「説明は2回する」ことを徹底することが、自分の考えを展開してもらうことにつながります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メモ帳はポケットサイズにする

背景を話す

ありがとうを言いあう

目を合わせる

相手に会わせて話す速度を変える

ページ上部へ戻る