© IEKEIEI All rights reserved.

20193/31

What型思考に注意する

What型思考と言われる考え方があります。
これは、Whatつまり「何?」の問いが示すように、具体的な物事、あるいは表面上に見えている具体的な事象を見て判断したり行動したりする考え方を言います。
つまり、表面上の物事を見た行動ですから、その本質や背景を考えずに判断したり行動したりすることを言うのです。
例えば「彼は乱暴な行動をとる」、その行動を見て、「彼は協調性がない」とか「自分勝手だ」と決めた接し方をするなどです。
「乱暴な行動をする背景」は、周りに対する不満や自分をうまく表現できないためのイライラなどがありますが、そこまで深く追求しないのです。
ですから、What型思考の人は、短絡的な人が多いのです。
上辺で物事を考えずに常に背景を探ることは、判断する上では大切なことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目を合わせる

相手に会わせて話す速度を変える

皇帝型リーダーシップを考える

殿様型リーダーシップを考える

中身重視型に気をつける

ページ上部へ戻る