© IEKEIEI All rights reserved.

20187/29

ワンマンと強引は違う

ワンマン経営と言われたり、「彼はワンマンだ」と言ったりします。
どうも、よく言われる「ワンマンとは、強引である」と言った代名詞として使われているようです。
ワンマンとは、自分の主張を通して実行することで、強引は、人の意見を聞かずに自分の考えを押し通すことを言います。
つまり、ワンマンは、人の意見を聞きながらも、自分の考えを押し通すため強引と勘違いしてしまうのです。
ですから、ワンマンと言われる人の中には、強引な人もいたり、しっかり人の意見を聞く人もいるのです。
混乱している職場や会社では、ワンマンの人がいない限り再生できません。
それは、人の意見を聞いてそれを取り入れながら実行しようとすればまとまるものもまとまらず、結果として何も実行できないからです。
いい意味でのワンマンは、上に立つ人には欠かせない要件かもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天の邪鬼(あまのじゃく)になる

成功体験を捨てる

Why型思考に転換する

What型思考に注意する

反復は研究の母なり

ページ上部へ戻る