© IEKEIEI All rights reserved.

20206/29

コミュニケーションの取り方を考える

最近は伝達方法としてメールが主に使われ、多い時には、1日に100通以上来る人も稀ではありません。
そのうち、60%強が「CC」で送られてくるもののようです。
従って、毎日、1~2時間、メール処理に時間をかけることになります。
メールでの一番の勘違いが、メールをしていればコミュニケーションがとれていると思っている人が多いことです。
ですから、なんでも「CC」で送ってしまう人が多いのではないでしょうか。
コミュニケーションとは、お互いの思いが伝わり、お互いがその思い通り行動できるようになることです。
ですから、メールは伝達手段であり、思いを伝える手段ではありません。
思いを伝えようと思えば、メールを控え、相手の机にところまで出向き、ざっくばらんに話したり、電話をしたりすると思いが伝わり、仕事がくスムースに行くことが多くなります。
コロナウィルスの感染拡大防止の関係でテレワークの浸透が拡大する中、コミュニケーションのあり方を考えてみてはどうでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理職がしてはならない10項目

メモを取らせる

3つの「お」を徹底させる

親切を当たり前と思わない

決めたことは守らせる

ページ上部へ戻る