© IEKEIEI All rights reserved.

20205/10

小さなことに目を向ける

仕事をしていて、何回も同じ棚に資料を取りに行ったり戻したりし、「なぜ、まとめて1回でやらないんだろう・・」と、不思議に思うことがあります。
このようなやり方をしている人は、「自分がムダなことをしている」とは思っていないのでしょう。
ですから、机が散らばって資料を探していても、片づけてムダをなくそうとは思いません。
私たちは、目の前の小さなムダに気づかず、システム化とか自動化といった大きなことをやろうとします。
しかし、目の前のムダを放置したままでは、大きな取組みをしても効果はあまり出ません。
それは、小さなムダが結果として効果を相殺してしまうからです。
机の引き出しにいっぱい資料が詰まっていたり、どこにどの資料があるか分からない状態であったりしていることがムダを発生させている、ということに気がつくことが大切です。
目の前の小さなムダに気がつき、その小さなムダをコツコツとなくすことが、仕事のやり方を変えていくのです。
目の前の小さなことに気がつかない人に、大きな改善はできません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

プラス思考の行動は成果を出す

ページ上部へ戻る