© IEKEIEI All rights reserved.

20203/29

成果を上げられる人と上げられない人の差

一所懸命に仕事をしているのに、成果を上げられる人と上げられない人がいます。
成果を上げられない人が怠けているかといえば、決して怠けてはおらず、一所懸命に仕事をしています。
その成果を上げられない人の仕事をよく見ていると、仕事をやっていても集中せずに、あちこちにムダなエネルギーをばらまいていることが多いです。
例えば、ある仕事をしているかと思えば、他の仕事が気になり、気になった仕事に取りかかったり、そうかと思えば、また、元の仕事をしていたりしています。
つまり、頭の回転が速すぎて、絶えず目がよそにいってしまい、集中して1つのことをこなしていないことが多いです。
ですから、エネルギーをムダに使い、結果として一所懸命にやっているが成果を上げることができないのです。
成果を上げられない人には複数の仕事を頼まず、1つのことに集中させることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

プラス思考の行動は成果を出す

ページ上部へ戻る