© IEKEIEI All rights reserved.

20196/16

目を合わせる

最近、会社の人や友人と目を合わせたことがあるでしょうか?
「目を合わせたか?」と聞かれると、「????」と考えるのではないでしょうか。
考えなければわからないほど、「目を合わせた」記憶がないのではないでしょうか。
電車や歩いているときに、意識して目を合わせると問題があるかもしれませんが、会社の人や友人と目を合わせても相手は怒ってこないでしょう。
この目を合わせることは、相手の目を見れば、その時の状態や理解度がわかるために必要なのです。
相手の目を見ないで、一方的に話しても仕方がありませんし、相手の状態が悪いときに重要な仕事を頼んでも目的を果たすことはできません。
ですから、目を合わせることは、相手の変化や状態を知ることであり、コミュニケーションを取る上では大切なことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分のやり方を検証する

管理能力より本質をつかむ能力を磨く

「承認欲求」がやる気の原動力

ユーモア力をつける

将来の希望を失わない

ページ上部へ戻る