© IEKEIEI All rights reserved.

20192/1

ラーニングゾーンを明確にする

ミシガン大学のノエル・ティッシー教授は、3つの中心円を描いて能力を磨くことを進めています。
その3つは、一番内側のゾーンをコンフォードゾーン(すでに身につている技術や能力ゾーン)、中間のゾーンをラーニングゾーン(もう少しで手が届く身につけたい技術や能力ゾーン)、一番外側のゾーンをパニックゾーン(あまりにも難しくてどのようにすればいいかがわからないゾーン)に分けています。
偉業を成し遂げは人たちは、特定の課題をうまく見つけてうまくなるまで練習を重ねた人たちが多いことを分析し、自分でラーニングゾーンを明確にし、常に手が届く課題に向けた努力をすることの必要性をを説いています。
「目標は高すぎても低すぎてもだめだ」と言われているように、もう少しで手が届く課題であるラーニングゾーンを明確にすることは大切でしょう。
このラーニングゾーンを明確にして、継続的に努力することが必要なようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天の邪鬼(あまのじゃく)になる

成功体験を捨てる

Why型思考に転換する

What型思考に注意する

反復は研究の母なり

ページ上部へ戻る