© IEKEIEI All rights reserved.

20189/30

疲れは人間関係からくる

仕事をしていて、「今日は疲れた…」と言うことがありますが、この「疲れた…」は、肉体的な疲れではないのがほとんどです。

バタバタがするほど、相手との交渉などのやりとりが増え、そのやりとりを通して神経を使っているのです。

ですから、その神経の消耗が「疲れた…」になってきます。

この疲れが常態化すると、神経が病んでくることが多くなります。

「仕事は人間関係で決まる」と言っていいほど、相手とのやりとり、つまり、人間関係が影響してきます。

従って、人間関係に疲れないためには、日頃のコミュニケーションを大切にすることと、「なるようにしかならない」といった開き直りも大切です。

「疲れ解消」にアルコール等に逃げないようにすることも大切なようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天の邪鬼(あまのじゃく)になる

成功体験を捨てる

Why型思考に転換する

What型思考に注意する

反復は研究の母なり

ページ上部へ戻る