© IEKEIEI All rights reserved.

20193/24

反復は研究の母なり

「反復は研究の母なり」といわれます。
これは、重要な書物はいかなるものでも、続けて2度読むことにより、その事柄のつながりがよく理解され、既に結論がわかっているため重要な発端の部分も正しく理解できることを言います。
「基本は繰り返すことで身体が覚える」と言われたりします。
これも、一つのことを繰り返すことで、自然とできるようになり自分のものになることを言っています。
大切なことは反復することにより、その意味や本質、重要度が理解され、深めることです。
上辺と本質の違い、それは、反復の差なのかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天の邪鬼(あまのじゃく)になる

成功体験を捨てる

Why型思考に転換する

What型思考に注意する

聞いた知識を自分のものにする

ページ上部へ戻る