Industrial Engineering コンサルタント

正味原価と実際原価の差を知る

正味原価とは、原材料であれば、歩留まり等を計算しない製品設計重量に単価を掛けたものであり、作業時間であれば、時間観測をした価値作業時間だけに賃率を掛けたもので計算した原価をいいます。

その正味原価に、歩留まりや稼動率などの見込み費用をプラスしたものが、一般的な製品原価となります。

しかし、実際は、故障があり稼動率が悪かったり、余分な材料を使ったりし、その費用をたしたものが実際原価となっています。

正味原価をキッチリ把握し、その正味原価に対して、実際原価がどれだけになっているかを把握しながら、改善目標設定することを進めます。

それは、歩留まりや稼動率の見込みは、会社として赤字を避けるために設定しているものであり、生産部門の安心料として与えられたものではないからです。

正味原価と実際原価の差が大きければ、それだけ改善余地が大きいことになります。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31