Industrial Engineering コンサルタント

一度の経験ですべてを判断しない

過去に取り組んで失敗すると、次に同じような取り組みの提案があると、「以前うまくいかったので止めたほうがいい」と反対する人がいます。

これは、過去の経験を後ろ向きにとらえ、「止めたほうがいい」と判断してしまう人です。

逆に、過去の失敗を前向きにとらえ、「以前は、ここがまずかったために失敗した」と失敗をプラスに活かせば、経験が活かせてよくなっていきます。

「過去にうまくいかなかったことを再度やろう」とするのは、その取り組みが必要なためにでてくるのです。

従って、一度の経験で「うまくいかなかったから止めよう」ではなく、「うまくやるためには、経験をどう活かすか」を考えることが大切です。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31