Industrial Engineering コンサルタント

製造部門の宝の山を見つけよう

製造部門で、工程間に仕掛りが溜まっていませんか?

この現象は、最初の工程から最後の工程までの流れができていないために発生しているものです。

後工程ができないにもかかわらず、できたものを送り込めば当然仕掛りがたまりますし、後工程は忙しくバタバタします。

また、仕掛りがあれば、それが邪魔になりムダな移動や運搬が発生します。

それぞれの作業者の処理時間を観測し、工程間に仕掛りがあれば、それが何時間分あるか調査してみると、バランスが取れているかどうかがよくわかります。

多くの会社では多品種少量生産のため、工程間の能力差を考えずに作業していることが多く、多くのムダが発生しています。

是非、実態を調査し、工程間の能力バランスロスがどれだけあるか発見してください。必ず、宝の山が見つかるはずです。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31