Industrial Engineering コンサルタント

烙印を押させないようにする

失敗する人に対して「彼はよく失敗するからダメな人」といった烙印を押し、その烙印を何年も引きずっている人があります。

人は、得手不得手があり、不得手の仕事をさせると失敗が多くなることは当たり前なのです。

よく失敗をする人に「上司と面談したことある?」と聞くと、ほとんどの人が「ありません」と答えます。

従って、個別面談もせず、よく失敗をする人に対して同じ仕事をさせるのは、管理ミスであり、失敗を容認しているのと同じことなのです。

一言いえばできる人、100回言わないとできない人、100回言ってもできない人など色々な人がいますから、それぞれ能力に合わせた配置をすることが重要です。

面談もせず、仕事の分担の見直しも考えず、烙印を押すのは誰でもできます。烙印を消すことが重要なのです。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31