Industrial Engineering コンサルタント

改善効果を将来投資に活用する

コストダウンを行っていくと、職場がドンドン改善されていきます。

特に、配置人数は少なくなり、職場に2人といったことも出てきます。

競争に勝ち抜くためには、より少ない人数で安定した製品作りを行わなければなりませが、一方では、次を担う人材も育成しなければなりません。

改善を進め人を浮かせた場合、浮かせた人を次を担う人材育成に投入することも大切です。

例えば、設備がある会社では、設備のメンテナンスに浮いた人をあて、設備の基本を教育しながらメンテナンスが出きる人材を育成すれば、実務もわかる設備マンが育つことになります。

また、改善職場を作り、そちらに人を投入すれば、改善手法や生産技術力を身につけた人材が育ち、利益体質を構築することができます。

コストダウンの名の元に、人を減らすだけではなく、体質強化に向けて投資することも大切と考えます。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31