Industrial Engineering コンサルタント

上位者が行動で手本を見せる

5S活動をしている会社が多いですが、5Sが定着している会社は、20%位と大変少ないです。

定着している会社は、経営者、部長、課長といった上位者が、積極的に行動し、部下に手本を示しながら部下にも責任を求めています。

逆に定着していない会社は、部下任せで、上位者が「やれ、やれ」と、口だけ参加している会社が多いです。

いくらすばらしい言葉を並び立てても、行動で示さなければ、「やれ、やれと言うだけだ」と、反発を買います。

部下は、思いだけでは動いてくれません。上位者の行動を見て「やろうか・・」と思うのです。

つまり、言葉と行動が一致しなければついてこないのです。

そして大切なことは、部下が動かなくてもあきらめずに行動で示し続けることです。

人を動かすのは根気との勝負なのです。

その根気の勝負に負け、「部下は何もしない」とグチっても職場はよくなりません。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31