Industrial Engineering コンサルタント

ほどほど主義を排除する

ほどほど主義とは、情報を私物化し、自分が仕事を抱え込み「彼に任せるしかない」といった状況を作り、後は自分のペースでほどほどに仕事をする人を言います。

このような状態になると、
・ほんとうに忙しいのかどうかわからない
・突っ込んだ仕事の話ができない
・仕事のペースがマイペースである
・情報が伝わってこない
など、ブラックボックス化してしまい、悪い意味の職人的存在になってしまいます。

これは、「彼に任せるしかない」状態を作ったことが原因ですが、その状態を打開しなければ職場環境がよくなりません。

その状態を打破しようと、他の人に仕事を引き継がせようとしても、教えないから引き継ぎようがないため、結果的に引継はできません。

「彼に任せるしかない」状態を打破するのは、リスクを承知で新しい人に担当替えすることです。

職場に、ほどほど主義が発生しないように、複数の人ができるようにすることが大切です。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31