Industrial Engineering コンサルタント

木を見ても森は見えない

何か仕組みを作る場合、どのような仕組みを作るか全体を考えてから、具体化していかなければ、目的に見合った仕組みは作れません。

例えば、売上管理の仕組みを作りたい場合、
・どこからどこまでの範囲を組み込むのか(管理スパン)
・何を管理するのか(データの範囲と管理項目)
・誰がどのタイミングで何を行うのか(役割分担)
など、全体のイメージを決めなければ詳細が決まりません。

しかし、実際に取り組み始めると、個々の詳細の問題点などの話がでて、全体がまとまらないことが多いです。

目の前の木ばかり見ていれば、森を見ることはできないのです。

つまり、個々の詳細(木)をいくら詰めても全体(森)の仕組みは作れないのです。

先ずは森を見て、それから、どの種類の木をどこに植えるかを決めなければ、本来の目的に見合った仕組みはできないのです。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31