Industrial Engineering コンサルタント

記憶は変化を分析することでもある

私たちが記憶するのは、決断するときに記憶を引き出すことだけではありません。

記憶するということは、過去と現在の差、つまり変化を知ることであり、傾向がわかることなのです。

ですから、変化を分析して最適解を導くことに記憶を使っていることになります。

従って、記憶がなければ、変化や傾向等がわからず、その場にあるもので判断しなければならず、それだけリスクが大きいと言えます。

記憶していることを使い、「過去はこうだった」ということはあまり必要がありませんが、過去との変化度を見て、「今後どうする」ということは大切なことです。

記憶力が維持できなければ、つまり変化や傾向が分析できなかれば将来が示せないでしょう。

コメントする


アイ・イー経営

〒651-1212
神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々な考え方を掲載しています。

  ⇒⇒⇒   随時更新しています。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31