Industrial Engineering コンサルタント

報告を受ける側の三つの条件

報告をすることは、仕事をする上で大切ですが、報告を受ける側も、報告しやすいようにすることも大切です。

その報告を受ける側の一つ目の条件として、まず、冷静に聞くことです。

電話の合間に報告を聞いたりイライラしながら聞いたりすると、報告する人は、報告する気が起きません。

報告を受ける人は、聞く姿勢を示さなければならないのです。

二つ目は、先入観を持って聞かないことです。

特に失敗したときの報告を受けるときは、「注意していなかったんだろう」との思いを持つと本質原因を見誤ります。

三つ目は、その場で何らかの方向付けをすることです。

報告を受けたとき、ただ聞いただけで何の指示も方向付けもしなければ、「報告しても意味がない」と報告しなくなります。

「報告しろ、しろ」と言うだけでなく、報告をしやすくすることも重要です。

コメントする


アイ・イー経営

〒651-1212
神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々な考え方を掲載しています。

  ⇒⇒⇒   随時更新しています。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31