Industrial Engineering コンサルタント

一所懸命にすることと評価は違う

一所懸命に仕事をしていると、「良い評価をされて当たり前」と思い、評価が悪ければ、「人を見る目がない」と、上司を批判しがちになります。

しかし、その上司の批判の多くは、自分を過大評価している場合が多いです。

仕事をしている人は、誰も一所懸命に仕事をしていると思っています。

その一所懸命に仕事をしている中身が問題なのです。

一所懸命に仕事をしている内容が、「目先の仕事を処理しているのか」、「先の効果を見極めて仕事をしているのか」の差が問題なのです。

目先の仕事を一所懸命に処理している限り、大きな効果は望めず、半年後、1年後も同じことをしており、その仕事は楽になりません。

しかし、先の効果を見極めて仕事をすると、半年後、1年後に仕事の内容が変化し、何らかの効果が見えてきます。

仕事は先の効果をみてすることが大切であり、先を見据えて仕事をしなければ評価をされにくいです。

つまり、「一所懸命に仕事をしている」と言えるのは、先を見ながら仕事の中身を変える場合なのです。

目先の仕事を一所懸命に処理しても、それは当たり前で評価に結びつかないため、それを勘違いしないことです。

コメントする


アイ・イー経営

〒651-1212
神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々な考え方を掲載しています。

  ⇒⇒⇒   随時更新しています。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31