Industrial Engineering コンサルタント

プロセスの公平性の法則を理解する

プロセスの公平性とは、結果の損得より、手続き上の公平性を重視することを言います。

例えば、上司から責任と権限を与えられたとき、同僚を見ると、同僚が、もっと大きな権限を与えられていれば、自分が権限を与えられたことに感謝してやる気を出すより、「なぜ彼の方が権限が大きいのか」と、権限の決め方のプロセスにこだわることを言います。

人は、他の人を見て自分の位置づけを自分で評価しようとします。

従って、他の人より公平でないと判断すれば、プロセスの公平性の原則に陥るのです。

その結果、職場の特性や周りの環境などを考慮せず、プロセスにこだわり不平、不満が出てきてしまいます。

権限や評価は、「自分で勝ち取るものだ」と、奮起すればそれで済むのですが、どうもそうはいかない人が多いようです。

コメントする


アイ・イー経営

〒651-1212
神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々な考え方を掲載しています。

  ⇒⇒⇒   毎日更新しています。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30