Industrial Engineering コンサルタント

課題発見力を高める

「職場の課題は何か」とか、「課題を解決するためには・・」などと、「課題」と言った言葉をよく使います。

では、よく使う「課題」とはどのようなものなのでしょうか。

課題とは、あるべき姿と現状のギャップを見つけ、そのギャップを埋めるための策のことを言います。

つまり、課題は、あるべき姿が描けなければ、見つけることはできないのです。

設備が故障した時に、「ここを直そう」と直しても、単純に動くようにしただけになります。

「その設備を故障させないためにはどうあるべきか」を考えて取り組めば、故障を直すだけではなく、再発防止の取り組みがプラスできます。

課題解決は、あるべき姿に向けた取り組みであり、その場その場の思いつきで行う取り組みとは違います。

「本来どうあるべきか」を常に考えることが、課題発見力を高めることなのです。

コメントする


アイ・イー経営

〒651-1212
神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31