Industrial Engineering コンサルタント

客観的にとらえる

改善する時や不適合対策を立てるときなど、つい、やり方や対策を決めつけて進めることが多いです。

やり方や対策を決めつけると、他の良いアイデアや問題を上辺でとらえてしまい、結果としてやり直すことにつながります。

また、決めつけてばかりいると、意見が出なくなり、活力も停滞しがちになっていきます。

何かに取り組むときに大切なことは、客観的にとらえることです。

客観的にとらえるとは、物事を論理的に説明できるようにすることなのです。

論理的に説明できれば、普遍性をもってとらえていることになり、全体が読めていることになります。

全体を見た取り組みをしなければ、場当たり的になり効果も出しにくいのです。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31