Industrial Engineering コンサルタント

ルールに例外を設けない

職場には色々なルールがありますが、守られずにトラブルになることが多いのが現状です。

その徹底できない理由の一つが、例外がいつの間にか例外でなくなり、結果としてルールを無視していることがあります。

そもそも例外とは、ルールの適用外のことであり、ルール違反を特別に認めることなのです。

その特別に認めたルール違反が、いつの間にか当たり前になっていれば、守られなくなるのは当然です。

例えば構内で例外的に車の駐車を認め、その車がいつも駐車してあれば、それは例外ではなくなり、他の車も駐車するようになります。

ルールを決めるときは、どのような理由があれ例外を認めないようにすることです。

特に、上位職ほど例外を作りがちですが、上位職ほど襟を正して守ることが、ルールが守れる職場を作ることになります。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31