Industrial Engineering コンサルタント

常に刺激を得る

新しいことを始めたときは、それについて色々なことを知ろうとしたり、やりやすい方法を考えたりします。

しかし、慣れてくるといつの間にか知ろうとする気がなくなったり、やりやすい方法を考えたりする気がなくなりマンネリ化します。

新しいことを始めたときは、「やろう」といった気持が強いため、発想転換ができ、色々なことを考えるのです。

しかし、日常の仕事では、「やろう」といった気持がなくなるため、外部からの刺激を入れ、発想の転換が図れるようにする必要があります。

その外部からの刺激を得るためには、自分の時間を作り、その時間を利用して新しい知識や情報を得ることが必要となってきます。

自分のオフタイムを見直し、発想の転換を図るための刺激を求めるような時間が取れるようにしてはいかがでしょうか。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31