Industrial Engineering コンサルタント

考える癖がつくと行動も変わる

「なぜそうなったのか」、「原因は何だったのか」、「本来はどうあるべきだったか」、「あの人だったらどうしたか」など、なにかあるごとに考える癖を作ると、興味ある新聞記事を読むなど、色々な情報を集めるようになります。

それを続けていると、新聞記事や本などで得た情報や知識が、自分の発言や行動に自然と出てきます。

例えば、相手の会社の業界知識を知らずに顧客と話すのと、その業界の新製品情報や経済情報、または原価構成の知識を知って話すのとでは、話すときの内容が違うとともに、作成する資料にその情報を入れるなど、深めた内容がまとめられるようになっていきます。

常に考えるということは、それが自分の行動を変え、自分自身を成長させることになるのです。

日々起こることに対して、「なぜそうなったのか」、「原因は何だったのか」、「本来はどうあるべきだったか」、「あの人だったらどうしたか」と、自問を半年続けてみてはどうでしょう。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28