Industrial Engineering コンサルタント

ネック障害を排除する

ネック障害とは、仕事を実行する過程でネックとなる障害を言い、例えば、その人しかできない仕事とか、特殊な機械で歩留まりが悪い工程などを指します。

このようなネック障害があれば、前後の仕事がうまくいっていても、そのネック障害があるためにシステムそのものが不完全になります。

特に、その人しかできないなど、人によるネック障害は、人間関係を複雑にしたり上位下位の逆転を招いたりするため、徹底してなくさなければなりません。

そのためには、人材投資を行い、月別に担当者を入れ替えたり配置替えを行ったりし、複数の人ができるようにすることです。

慣れた人に任せることは安心ですが、その安心が将来色々な障害を作ることになります。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31