Industrial Engineering コンサルタント

対策は守らせる

不適合対策を立てても不適合が再発することがよくあります。

再発する大きな要因に、不適合対策が守られていないことが上げられます。

せっかく対策を立てても、守らなければ再発しても当たり前と言えるでしょう。

立てた不適合対策を確実に守るようにするためには、定期的に不適合対策が実施されているかチェックすることが大切です。

作業する人は、面倒なことを避けようとしたり、今までのやり方を変ようとしないことが多いです。

従って、対策が実行されているものと思わず、対策が定着するまでは定期的にチェックを行い、定着するように教育することが欠かせません。

「やって当たり前」、「やっているはずだ」と勝手に思い込むのではなく、「決めたことは定着させる」ことを念頭に、教育することを忘れないことです。

コメントする


アイ・イー経営

神戸市北区筑紫が丘1丁目8-11
TEL 078-597-7115
FAX 078-586-2257

営業時間 9:00~16:00
 
ブログ 『生き生きした職場を作ろう!』

にも色々考え方を掲載しています。 
⇒⇒⇒毎日更新しています。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31