© IEKEIEI All rights reserved.

20188/6

決めたことを変えるのは考え不足

一度「こうしよう」と決めたことを変える人がいます。

この、一度決めたことが変わると、やり直しが発生してしたりバタバタしたりして、混乱させることになります。

なぜ一度決めたことを変えるのかと言えば、それはよく考えずに決めることが大きな要因です。

つまり、全体を考えなかったり深く考えず、直感で「こうしよう」と決め、後で考え不足に気がついて訂正するのです。

その訂正も、その時にわかった不足点だけ考えて結論や方向付けをすると、また訂正を出すことになります。

「木を見て森を見ず」であれば、決めたことを変えることになるのです。

何事も、全体を見て、さらに深く考えて結論を出すようにすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

その場しのぎをしない

自分の上位者に言ってくださいは信頼されていないこと

相手の顔色を見て主張を変えない

ラーニングゾーンを明確にする

決断力のない3つの定番

ページ上部へ戻る